2020年03月19日

「相棒18」右京さんの活動力の原点は美女だったのかも!?

「相棒」でも時々コミカルなシーンは
ありますが、ここまでではありません。
 
それもその筈、今回はストーリーの
冒頭から、右京さんの推理力が減退して
いるという疑惑で始まり。
 
確かに、右京さんらしくないミスが
最近頻繁に起こっており。
 
相棒の冠城さんやお隣の部署の
角田課長からイジリ半分心配半分の
噂話をされ。
 
いつもは敵役の参事官も何げに
心配そう。
 
挙句の果てに、そういう話には興味の
なさそうな広報課の社課長にもイジられ。
 
甲斐長官官房付きからは本気で
心配される有様。
 
しかし、その状況を頑として認めようと
しない右京さん。
 
右京さんは以前も、同じような状況に
陥ったことがあり。
 
それは右京さんの癒しの場所である
花の里が前女将のたまきさんが
店じまいをして閉店状態の時だった。
 
右京さんは、自分の不調の原因を
花の里に求めはしなかったとは思い
ますが。
 
そこに以前自分が逮捕したことがある
これまた美人な月本幸子さんに店を
引き継いでもらい。
 
右京さんは元の推理力キレキレの状態に
戻るのでありました。
 
そのことを知っている人は少ないものの
以前の相棒であった神戸尊さんが
あちこちで話してしまったらしく。
 
特命係以外の人達も知ることに。
 
結局、本気?で心配していた
甲斐長官官房付きから美人女将のいる
新しい小料理屋を紹介されることに。
 
しか〜し、この女将確かに見た目は
美人ですが中身はかなり強かそう。
 
政界とも繋がりがあるようなので
今後この女将を通して右京さんが
そういう方々とも近づくことに?
 
いずれにしろ、これで右京さんの
推理力が元に戻れば。
 
右京さんの原動力美人説は立証されて
しまいます。(笑)
 
でも、右京さんは現実存在じゃないし。
 
フィクショの世界くらい凄い人がいても
良いと思うのでした。
 
推理力減退の理由は何でも良いです。(笑)
 
 
高樹沙耶 → 鈴木杏樹 → 森口瑤子
 
偶然かどうかは分かりませんが、
前の二人は世の中を賑わせてしまいました。
m(_ _)m

posted by チャレンジャー5 at 12:04| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

ドラマ「ペンション・恋は桃色」リリーさんと斎藤工さんのタッグ 面白い匂いしかしません

フジテレビ 木曜日 25:25〜
 
【脚本】清水安彦
【出演】
シロウ    リー・フランキー 
ヨシオ    斎藤工
ハル     伊藤沙莉
カズハ    筧美和子 
マサト    SWAY 
マキ     三倉茉奈
モリオ    つぶやきシロー 
ヨシオの友人 大水洋介
ヨシオの友人 JOY 
ヨシオの友人 石田たくみ 
ヨシオの後輩 安藤ニコ
本人役    白石和彌
キヨシ    細野晴臣
【あらすじ】
ちょっとラブホみたいな造りの、
ちょっと古いペンション【恋は桃色】。
そんな、一軒の寂れたペンションに
集まった 、ちょっと“訳あり”な
人々の物語。(番組HPより抜粋)
 
テキトー中年男シロウと訳あり
青年ヨシオ。
そして、足が不自由ながらも
ペンションの仕事に精を出すハル
(シロウの娘)。
生きるのが不器用な人達が織り成す
どこか温かいストーリー。
【感想】 
普通にエロいリリーさんと違う意味で
エロい斎藤工さんがW主演と聞いて
内容がわからないながらも興味津々。
 
(このドラマがエロいという訳では
ありません)
 
リリーさん演じる役が主演ということも
あってかゆる〜い感じで話が展開され。
 
実際、1話を見てみると期待通りで
今クールの中で楽しみなドラマの一つと
なりました。
 
次回が楽しみです。
posted by チャレンジャー5 at 08:59| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

「半沢直樹イヤー記念エピソード0」新人プログラマーも倍返しだ!!

TBS ドラマ「半沢直樹」スピンオフ
 
【原作】池井戸潤
【出演】
高坂 圭 吉沢 亮
浜村 瞳 今田美桜
若本健人 吉沢 悠
加納一成 井上芳雄
黒木亮介 北村匠海
瀬名洋介 尾上松也
城崎勝也 緒形直人
渡真利忍 及川光博
半沢直樹    堺雅人
【あらすじ】
ドラマ「半沢直樹」のスピンオフ的
作品で。4月から始まる本編の
導入部的作品。
 
舞台は、前回半沢直樹さんが頭取から
出向を命じられた東京セントラル証券。
 
今回、半沢さんはラストに少しだけ
登場するだけで。
 
メインはIT企業スパイラルの
新人プログラマー高坂圭。
 
時は、東京セントラル証券が
証券トレーディングシステムの大規模
リニューアルを検討している時で。
 
セントラル証券は新システム導入の為の
コンペを開催し、スパイラルもこれに
参加。
 
スパイラルの対コンペリーダーは。
社内サーバーダウンのピンチを
凄まじい能力で切り抜けた高坂圭。
 
結局、スパイラルとワールドビッグ
データ社とが合同で開発することで
契約成立。
 
高坂とセントラル側の浜村瞳は
協力しつつ、新システム導入に力を
注いでいくが。
 
このプロジェクトには裏があり。
 
彼らは、この陰謀とも対決することに。
 
果たして、新プロジェクトは成功できる
のか。
 
そして、このプロジェクトの裏に蠢く
ものとは。
 
池井戸作品はやっぱり面白いです。

posted by チャレンジャー5 at 09:43| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする