2020年08月13日

映画「ゲーム」幸せを感じさせる為にここまでする必要があるのか?

1997年アメリカ
【監督】デヴィッド・フィンチャー
【出演】
ニコラス    マイケル・ダグラス
コンラッド   ショーン・ペン
クリスティーン デボラカーラアンガー
【あらすじ】
事業で成功しているニコラス。
 
彼の46歳の誕生日に、弟のコンラッド
からCRS社主催の“ゲーム”の招待状を
プレゼントされる。
 
「人生を一変させるような素晴らしい
体験ができる」というこのゲームの
謳い文句に惹かれ。
 
とはいうものの半信半疑で、
この”ゲーム”に参加することにした
ニコラスだったが。
 
この日から、ニコラスの人生に
不幸な出来事やトラブルが怒涛の如く
押し寄せる。
 
そして、ついには彼の生命が脅かされる
出来事が・・・・・。
 
【感想】
この映画に関しては、感想も含め、
あまり細かいことは書かないで
おきます。
 
物凄く好きな映画ではありますが、
人はここまで追い込まれないと幸せは
感じられないんでしょうか。
 
その点を考えると、この映画の存在
そのものの否定になってしまいますが。
 
私的には、気持ちが複雑なる映画です。
(笑)
 
posted by チャレンジャー5 at 11:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: