2019年12月05日

「それって実際どうなの課」クリスマスの時期に松ボックリで一攫千金を狙う

今回の企画は
 
1・タダのものを実際売ってみたら
どうなるか
おばたのお兄さんが検証担当
松ボックリで一攫千金を狙う
 
2・激安の商品って実際どうなのか
ドラゴンボール芸人が検証担当
800円程度で変える原付バイクは
きちんと走るのか?
 
以上の2本。
 
なので、
おばたのお兄さんのタダの物を売って
一攫千金?シリーズを投稿。
 
このシリーズでは、今まで
・蟻を売って16000円ゲット
・フォトストック 0円
・シーグラス 200円
・流木 1000円
・フォトストック 1324円
・コケ 3250円
 
などと、結構ショボイ実績でした。
(でも、元手はタダなので)
 
今回はどうなるのか?
 
現在、クリスマスが近づいている今日
この頃ですが、クリスマスのリースや
オーナメントに使用されるらしく。
 
松ボックリは割と需要があるとのこと。
(番組調べ)
 
まずはここで松ボックリについて説明を。
 
松ボックリとは、針葉樹にできる果実の
ようなもので、球果とも言われている
種子をつくる器官。(興味がある方は
ググってみて下さい)
 
松ボックリは乾燥すると傘が開き、
湿気を帯びると傘が閉じる性質があり。
 
松から落ちて松ボックリになっても、
まだ生きているって証拠なんでしょう。
 
また、松ボックリは松ボックリの中に
松脂が入っており、着火材の役目を
果たすそうです。
 
さて、この松ボックリは、どういう
ものが売れるのか。
 
松ボックリを扱う業者さんに聞いた
ところ、大きくて形が良く、色も
本来の茶色をしているもの。
 
白くくすんだものは店によっては
NGとのこと。
 
ただし、そのくすんだものの加工すれば
使えるものもあるそうです。
 
3日間松ボックリを拾ってそれを
ネットのサイトで販売をかけたところ、
今回は5000円の売上となりました。
 
この金額に対してはいろいろな意見は
あるとは思いますが、タダで拾った
ものなので良しとしましょう。
 
 
【MC】生瀬勝久
【レギュラー】博多華丸・大吉 森川葵 
       大島美幸(森三中)
【ゲスト】おばたのお兄さん
アイデンティティ田島 見浦
R藤本 BANBANBAN山本
posted by チャレンジャー5 at 11:38| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: