2019年10月17日

映画「プラトーン」敵は外部の人間ばかりとは限りません

【監督】オリバー・ストーン
【脚本】オリバー・ストーン
【出演】
クリス       チャーリー・シーン
エリアス3等軍曹  ウィレム・デフォー
バーンズ2等軍曹  トム・ベレンジャー
ハロルド      フォレスト・ウィテカー
ガーター      ジョニー・デップ

【あらすじ】
ベトナム戦争をテーマにした戦争映画の
良作の一つ。
 
オリバー・ストーン監督のベトナム戦争での
従軍経験を基に制作された映画。
 
1967年ベトナム。
クリスは、当時のアメリカの現実に
怒りを感じ、大学を辞めて従軍し、
ベトナム戦争の戦地へ。
 
しかし、その戦地は想像以上に過酷な
場所であり戦況も悪化の方向へ。
 
クリスは、すぐさまこの場に来たことを
後悔したが、同じ部隊で戦う仲間達との
絆が生まれ何とかこの状況を耐えている。
 
しかし、部隊の一般民間人への射殺。
 
バーンズとエリアスの決定的対立。
(この部隊の中心的存在の二人)
 
バーズンズのエリアス射殺。
(エリアスは実際には生き残っていたが)
 
戦況の更なる悪化。
 
バーンズの犯した罪を知ったクリスの
バーンズ射殺。
 
部隊がその場からヘリで去る時、
大勢のベトナム兵から追われて
ヘリの方向に逃げてくるエリアス。
 
しかし、どうすることもできなくヘリは
そのまま立ち去る。
 
【感想】
「プラトーン」というと、兵士が両腕を
上にあげ、天を仰いでいる姿の
ポスターを思い出しますね。
 
あれは、映画のラストのエリアス軍曹が
置き去りにされ天を仰いでいるシーン。
 
ストーン監督が、この映画を制作する
前にもベトナム映画はいくつか
ありましたが。
 
実際に、ベトナム戦争に従軍した
ストーン監督からするとリアルなものが
一切感じられず。
 
それで「プラトーン」のシナリオを
書いたんだそうです。
 
なので、この映画ではリアルさを
追求し、役者陣にも過酷さを要求。
 
彼らには、当時の兵士がしていた生活と
同じようなことをさせたそうです。
 
そういうところに、この映画のヒットの
要因の一つがあるのかも。
 
戦争は、結局人間同士の殺し合いな
わけで。
 
それを続けていたら、真っ当な理性や
精神を保つのは難しいと思われ。
 
実際に、クリスが所属する部隊は
一般人を虐殺したり、味方同士で
殺し合いをするまでに至り。
 
これは、ベトナム戦争だけに限った
ことではないでしょう。(現実でも)
 
人を殺すと自分の中の何かがなくなる、
という話を人を殺した経験がある人から
聞いたことがあります。(テレビで)
 
しかも一度だけでなく聞いたことが
あり。
 
ストーン監督は、この映画をリアルに
描くことで戦争の恐ろしさを伝えた
かったのでしょう。
 
それにしても、本当にエリアス軍曹の
ラストシーンは何とも言えず悲しいの
一言です。
 
 
オリバー・ストーン監督作品というと
「サルバドル」「JFK」
「エニーギヴンサンデー」
「7月4日に生まれて」
「ウォール街」
「スノーデン」
が好きです。 
 
posted by チャレンジャー5 at 10:05| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: