2019年06月24日

「ゴッドタン」ネタギリッシュナイト タイムマシーン3号

昨日に引き続きネタギリッシュナイトの
ネタをアップ。
 
今回はタイムマシーン3号のネタ。
 
卑猥な言葉遊びがイケてます。
 
それでは張り切ってどうぞ!!
 
 
関太「実はね 僕凄い能力を持って
   まして」
山本「凄い能力?」
関太「世の中の全ての物をエロくする
   力を持ってます」
山本「どういう力だそれ!」
関太「これは特殊能力なんですけど」
山本「ちょっと詳しく説明してよ」
関太「わかり易くやっていいですか?」
山本「うん」
関太「じゃ 何でもいいんで思いついた
   言葉を1個言って下さい」
山本「うん」
関太「そしたらそれを、僕は一瞬でエロく
   しますんで」
山本「マイク」
関太「バイブ」エロイものを想像させる
   ジェスチャーをしながら
山本「うん?」
関太「まあ、こんな感じで一瞬でエロく
   します」
山本「半袖短パン」
関太「キンタマパンパン」
山本「抜いてこい!!便所あっから
   そこで抜いて来い!!」
関太「一瞬ですから」
山本「劇団ひとり」
関太「あさばんシコるじゃん」
山本「知らないよ!何の報告してん
   だよ!!」
山本「豊洲ピット」
関太「顔にピュっと!」
山本「顔射してんじぇねえかよ!
   勢い良すぎて自分の顔に
   かかっちゃってんじゃねえかよ!」
関太「凄いでしょ?一瞬でなんでもエロく
   出来ますから」
山本「どういうこと?」
関太「ちょっとここに歴史用語集が
   ありますから」
関太 本をポケットから出し
山本「歴史の用語?」
関太「何でも良いから言ってみて」
山本「歴史用語って結構難しいよ」
関太「何でも良いから言ってみて下さい」
山本「禁中並びに公家諸法度」
関太「写真集並べてオナニーしよっと」
山本「どんなシコりかたしてんだ!」
関太 写真集を並べてオナニーしてる
   仕草
山本「千利休の茶器」
関太「センズリ中にチェキ」
   自分にカメラを向けながら
山本「何撮ってんだよ!」
  「馬鹿じゃねえのこいつ!」
  「廃藩置県」
関太「パイパン記念」
山本「そんなの記念にするな!チェキ
   撮るな!」
関太 自分のカメラを向ける仕草を
   しながら
山本「なんと綺麗な平安京」
関太「テンガふたつで双眼鏡」
山本「何作ってんだよ!馬鹿じゃねえの」
関太 テンガ双眼鏡で辺りを見回す仕草
山本「小野妹子」
関太「とびっこのリモコン」
山本「土偶」
関太「ブブー」
山本「電源入れたな!」
関太「ローション大事」
山本「唐招提寺」
  「順番逆だろう!!なんで俺が
   お前の言った事を言い直し
   しなきゃいけないんだよ!」
関太「凄いでしょ。あと今日はことわざ
   辞典も持ってきているんですよ」
山本「ことわざ?」
関太「さらにレベルアップします」
山本「青菜に塩」
関太「あ!オナニーしよっと」
山本「そのままじゃねえかよ!」
  「石橋を叩いて渡る」
関太「1日に5回は抜ける」
山本「絶倫だな!」
  「早起きは3文の得」
関太「早い時は3秒でイク」
山本「ダメじゃねえかよ!!」
  「憎まれっ子世に憚る」
関太「マジックミラー号外気になる」
山本「気になるけど!」
関太「加藤は鷹だけ」
山本「果報は寝て待て」って
  「それ逆なんだよ!!」
 
関太「凄いでしょう!?これは僕しか
   使えない特殊能力ですから」
山本「能力者がお前だけだと思うなよ」
関太「なに?」
山本「俺は全ての言葉を萎えさせることが
   できるのだ!」
関太「全てを萎えさせるだと!?」
山本「この会場は興奮しすぎた!少し
   萎えさせてやる!」
関太「よし!じゃあ、どんなことわざ
   でも萎えさせるんだな」 
山本「ことわざ来い!!」
関太「猫に小判」
山本「手コキ5万」
関太「手コキで5万は萎える!」
  「酒は百薬の長」
山本「母が風俗の嬢」
関太「捕らぬ狸の皮算用」
山本「俺の兄貴は汁男優」
関太「兄さんがたくさんの男達と腕に
   輪ゴムをはめている!」」
  「仏の顔も三度まで」
山本「火垂るの墓を三度見る」
関太「セツコー!!」
山本「最後だ あの呪文を唱えよう」
関太「あの言葉は言うな!!」
山本「ペレ」
関太「あ〜!チンコが萎えていく〜」
山本「ずっと何やってんだよ!」
ふたり「ありがとうございました」
 
 
ナイツのように言葉遊びネタは好き
なので、かなり楽しめました。
 
この企画はまた見たいですね。

posted by チャレンジャー5 at 09:50| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: