2019年05月28日

「しくじり先生」女版・内山信二登場 早泣きでブレイクしました 春名風花

今回のしくじり先生は、子役で一時期
ブレイクした春名風花さん。
 
この子の早泣きを一度は見たことが
ある方もいるとは思いますが。
 
若くして銭ゲバ(金の亡者)になって
しまった彼女がそのしくじりと、
教訓を語ってくれました。
 
彼女が3歳の時、一番好きな言葉は
「現金」だったそう。
 
 
まずは彼女のプロフィールから。
 
春名風花(現在18歳)
2001年2月4日生まれ
ニックネーム:はるかぜちゃん
■0歳 芸能界デビュー
■3歳 ブログ開始
■9歳 早泣きでブレイク
■9歳 Twitter開始
 
春名さん曰く
11歳の時にTwitterに殺人予告が
殺到したマセガキ先生、だそう。
 
▼幼稚園時代
*クリスマスに母親が「サンタさんから
何貰いたい」の質問に「現金」と回答。
 
*3歳の頃に弟と喧嘩をすると決まって
言った言葉は「ふうちゃん、お金稼いで
いるからね」
 
*幼稚園時代に大切にしていた宝物は
100万円の給与明細
 
    ませガキ
      +
     お金
      =
大人に嫌われる銭ゲバ子供
 
銭ゲバとは、お金の為なら形振り構わず
なんでもする人のこと。
 
好物 経費で落ちるレシート 
 
通常幼稚園児ならトーク内容は
アニメの話が主ですが、子役達同士では
ギャラの取り分が話題に。
(何対何とか)
 
ちなみに春名風花さんの所属事務所は
本人8 対 事務所2の高待遇でした。
 
 
▼小学生時代
*入学式の後、教室のドアを開けて
みんなを見回してこう思った。
「この子達働いてないんだ・・・」
 
お金を稼いでない同級生を見下し始める。
 
例えば、
同級生が芸人のギャグを真似していたら
一切笑わず「私その人と会って仕事した
ことあるし」と見下す。
同級生に外での遊びに誘われても
「日焼けしたらドラマの繋がりが
おかしくなる」と全て断り「何が
楽しいの?」と見下す。
 
一連の行動からの逆襲か。
国語の授業で朗読すると感情を入れ
過ぎるのかクラス中から笑われる。
 
友達とは会話の糸口が見つからず
孤立する。
 
そんな3年生の時、掘り当てたのが、
早泣き油田。
 
どれぐらい稼いだかというと
1泣き 5万円(番組にもよる)
    相場は2万円
 
学校でも彼女の早泣きは知れ渡り、
同級生でもない子からも「早泣き」
してよと頼まれる事態に。
 
でも、彼女は負けずに、
「ギャラ発生しないでしょう?」と
返す日々。
 
そんなわけで、彼女は学校の中で
さらに孤立することに。
 
しかも彼女は勉強が嫌いで出来なかった
為、先生まで見下すことに。
 
そんな彼女の先生に対する行動は。
*先生の段取りが悪いと「これ
何待ち?」と露骨にイラつく
*先生の話が薄っぺらいと「そのトーク
弱いよ」とイラつく
*校長先生の話が長いと「これ編集
したら40秒だな」とイラつく
 
最終的には、この学校では私が一番
稼いでいると考えることで自分を
落ち着かせていた。
 
 
こんな状況下で自分のことを話せる
場所がなく。
 
そんな時に始めたのがTwitter。
 
日頃思っていた本音を初めて呟く事が
できたんだそうです。
 
例えば、東京都の青少年健全育成条例に
対する彼女のつぶやきの一例

きれいなものや、笑えるものだけ見せて
育てた子供が人に優しい大人になるとは、
僕は思いません
 
ぼくたちはいいまんがも、わるいまんがも
ちゃんと自分でえらべます
 
都条例ぷんすか
 
 
こういうツイートをしているうちに
「子供らしからぬ社会への警鐘が
素晴らしい」とバズる!
 
フォロワーも4万人超えすることに。
 
でもSNSで人気になるといいことばかり
でなく嫌なことも。
 
彼女のツイートを批判ばかりする
アンチの出現。
 
しかし、彼女も負けてはいず、エゴ
サーチでアンチを探し出して論破する
活動を。
 
押してとうとう11歳の時にアンチから
殺人予告が。
 
どんな内容かというと
はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しに
してドラム缶にセメント詰めにして
殺したい
とか。
 
春風さんも、少しはSNSをやめることは
考えたがファンは大好きだったので
継続を決断。
 
とともに、アンチに対して反撃を開始。
 
でも、それがまた彼らの怒りに火を注ぎ
血染めの手紙が送られてくることに。
 
また、財力を使った使用済みの
おばさんの履くパンツをダンボールに
詰めて送ってきたりとか。
 
流石に彼女も恐怖に襲われ敗北を感じ。
 
SNSのせいで常にイライラして熱く
なっていたことを反省。
 
▼先生が伝えたいこと
SNSで分かり合える人がいるってことは
現実世界にも必ず分かり合える人は
いる。その一歩を踏み出す勇気を持とう。
 
▼春名先生のしくじり
1.お金に執着しすぎた
2.大人をなめていた
3.SNSで調子に乗った
 
▼春名先生の教訓
お金もSNSも過剰な執着は要注意!
 
 
【担任】若林正恭
【レギュラー生徒】吉村崇 澤部佑
【生徒】鈴木福 ゆかりの小雪
    横山由依(AKB48)

posted by チャレンジャー5 at 10:06| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: