2019年04月27日

アニメ「物語シリーズ」独特の台詞まわしと独特な世界観

アニメ「物語」シリーズは、
西尾維新さんの小説シリーズをアニメ化
したもの。
 
今となっては、このアニメをどういう
経緯で見始めたか忘れましたが。
 
スポコンアニメのように興奮はせず。
 
淡々と、あっという間に現在アニメ化
されている全作品?を見終えてしまい
ました。 
 
このアニメを私的に表現すると、
文学的、観念的、哲学的アニメと
言えるでしょうか。
 
あまり他では見たことないジャンルの
アニメですね。
 
「物語」シリーズは、ストーリーの
大部分がほぼ一人の人間の独白か、
ふたりの人間の会話で進行していきます。
 
この点も、アニメとしては独特かと。
 
それにくわえて各シリーズの放送された
順番とストーリーに時系列が一致して
いず。
 
このアニメの見方を説明するサイトが
たくさん登場する始末。
 
別に放送された順番に見ても問題は
ありませんが、私は話が混乱しないよう
時系列で見ることに。
 
私は下記サイトの時系列順番を参考に
このシリーズを視聴。
 
投稿するに至りました。
 
1.『傷物語』
2.『猫物語(黒)』
3.『化物語』
4.『偽物語』
5.『傾物語』
6.『鬼物語』
7.『終物語(中)』
8.『猫物語(白)』
9.『終物語(上)』
10.『囮物語』
11.『恋物語』
12.『憑物語』
13.『暦物語』
14.『終物語(下)』
15.『花物語』
 
「ANIMATE TIMES 物語シリーズを
見る順番と時系列から引用」
https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1516932992
 
 
男子校生・阿良々木暦と怪異に憑かれた
少女達の物語。
 
私が下手な説明するよりは
見てもらった方が早いですね。
 
ただし、このアニメは好き嫌いが
はっきり分かれる作品かも。
 
好きな人はどハマリするでしょう。
 
私はというと、まだこの作品の内容が
よく分かっていないのか、どハマリ
とまではいきませんでした。
 
とは言うものの、短期間で全て
見てしまったのだから嫌いではない
はず。
 
そんなストーリーです。
 
ちなみにこの中で私は、
「終物語(下)」と「花物語」が
好きかな。
 
ここには記述してない、「続終物語」も
見ましたが。
 
「花物語」までで作者が語ったことの
ダメ押しのようにも感じました。
 
いずれにしろ一見の価値ありのアニメ
です。

posted by チャレンジャー5 at 10:42| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: