2018年09月23日

「弁護士といっしょです」1995年の音楽シーン B'Z ミスチル 小室ファミリー

この番組は元々は、世の中にある
怪しい商品やサービスや求人について
弁護士と一緒に調査追求する内容。
 
なんですが、ここのところ本筋とは
別の企画で放送中。
 
今回は、1995年の音楽史をお笑い芸人の
グランジ遠山さんが解説してくれました。
 
なぜ1995年かというと、この年が
今までで一番CDが売れたんだとか。
 
年間ミリオンセラー曲が、なんと28曲。
 
ちなみに、2017年は6曲。
 
AKB48が4曲。 乃木坂が2曲。
 
なので、そんな時に活躍していた
ミュージシャンはという話になり。
 
★まずは、1995年
シングルCDセールス年間ランキング
1位 LOVE LOVE LOVE   ドリカム
2位 WOW WAR TONIGHT H jngle with T
3位 HELLO        福山雅治
4位 Tomorrow never knowsミスチル
5位 しーそーげーむ   ミスチル
6位 Hello Again MY LITTLE LOVER
7位 奇跡の地球 桑田佳祐&桜井寿和
8位 TOMORROW 岡本真夜
9位 ロビンソン     スピッツ
10位 LOVE PHANTOM B'z
 
28位からセールス数がミリオンを
超えてました。

1位2位とダブルミリオンです。
 
ダウンタウン浜田雅功さん凄いの一言。
 
遠山さん曰く、この年にこれだけCDが
売れたのには理由があるといい。
 
それは、この当時に音楽界に3大勢力が
あったせいだと分析しています。
 
その3大勢力とは
▼ビーイング系  836万枚
B'z 大黒摩季 ZARD Field of view

 
▼小室ファミリー 740万枚
TRF globe (安室奈美恵)
H jungle with T 篠原涼子  他
 
▼Mr.Children  816万枚
 
ミスチルのみ、単独ですが、
この3大勢力がしのぎを削ることで
結果、売り上げが上がったということ
らしいです。
 
ミスチルは、やっぱりバケモンですね。
 
遠山さんの解説はまだまだ続きますが
こちらはこの辺でやめておきます。
 
現在は、握手会戦略でCDを売り続けている
秋元康さん関連のアイドルグループのみ。
 
なんとも寂しい状況です。
 
でも、それは音楽がネット配信される
ようになり。
 
多くの人がネットで曲をダウンロード
して聴く世代になったから、CD売上が
落ちているとも言えると思います。
 
とは言うものの、爆発的ヒット曲が
生まれてきていないとも言えるかも
しれません。
 
 
【MC】今田耕司 指原莉乃
【解説】グランジ遠山
【出演者】田上嘉一(弁護士ドットコム)
posted by チャレンジャー5 at 09:55| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: