2018年08月24日

「ハゲタカ」今回の感想と吉本興業の話

テレビ朝日 木曜日 21:00〜
【原作】真山仁
【監督】和泉聖司
【出演】
鷲津政彦    綾野剛
芝野健夫    渡部篤郎
松平貴子    沢尻エリカ
飯島亮介    小林薫
アラン・フジタ 池内博之

 
今回のドラマでは、「あけぼの」に
対する乗っ取り阻止の方法は
どういうものか楽しみにしてました。
 
今回は、外資が標的にしていた
レーザー開発部のEBOではなく、
鷲津がプラザグループの秘密を握り。
 
彼らの動きを封じて、更に総理大臣まで
動かしての勝利でした。
 
ここまで行くと、現実感がなく
おとぎ話のように思えちゃいますね。
 
面白いのは当然面白いんですが。
 
 
それはさておき、企業買収の話で
ある話を思い出してしまいました。
 
これから書かせて頂くのは、どこまでが
事実なのか判明しない為、都市伝説の
ように思って頂ければと。
 
それは、お笑い芸人を多数抱える事務所、
吉本興業に対する外資の乗っ取りの話。
 
何しろ、吉本興業は有力芸人さんを
たくさん所属させている企業。
 
この会社を手中に収めれば、日本の
メディアに影響を与えることが
出来るのではと外資は考え。
 
彼らが吉本興業を乗っ取りの標的に
したことがあるそうで。
 
ですが、当時(今も?)の吉本興業は
芸人との正式な雇用契約を結んだことは
なく。(外国人から考えれば
信じられないことでしょうが)
 
吉本興業を乗っ取ったところで、
芸人さん達に対する拘束力はなく。
 
それで外資が乗っ取りを諦めた
という話です。
 
私もこの話を聞いた時は、
思わず大笑いしちゃいましたが
吉本興業ならありそうな話です。
 
信じるか信じないかはあなた次第です。

posted by チャレンジャー5 at 09:26| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: