2018年07月09日

「世界の果てまでイッテQ」&「博多華丸のもらい酒みなと旅2」

★世界の果てまでイッテQ
珍獣ハンターイモトinフランス
番組冒頭に説明された印象派の話に
感心したので投稿。
 
今回のコーナー冒頭の場所が
ルーブル美術館前だったせいか
画家の話になり。
 
特に、印象派の話になり。
 
印象派ができるまでの画家さん達の
作風は、保守的なもので。
 
聖書の一場面や歴史的な出来事を
描いたものが多かったんだそうですが。
 
印象派の皆さんは、そういう規制的な
ものに囚われず、自由に書きたいものを
書いていく作風の画家達のことらしく。
 
それでは何故印象派という名前が
付いたかというと。
 
当時の新聞に「印象的に下手くそだ」と
酷評されたからだそうです。
 
こんなことからも、印象派の皆さんの
当時のポジションや奮闘を想像せざるを
得ません。
 
明治時代に、日本の文学に邁進する
二葉亭四迷さんが自分の父親から
「お前なんかくたばってしまえ」
 
と言われたことから、二葉亭四迷と
自分のペンネームをしたことを
思い出してしまいました。
 
新しい事を始めるというのは、
なかなか大変ですね。
 
 
★博多華丸のもらい酒みなと旅2
先週に引き続きゲストは
元モーニング娘の矢口真理さんと
元NMB48の門脇佳奈子さん。
 
先週に引き続きている内容なので、
華丸さんは、ほぼ泥酔状態。
 
歩いている時は何とか平静を装っては
いましたが、店に入り席に着くと
ほぼ無の境地へ。
 
矢口さんが華丸さんに代わって番組を
進行?
 
矢口さんが、この番組に出る時は
酒もガンガン飲むし、身を削った
トークをするし。
 
華丸さんもこの番組スタッフさんにも
好感が持たれているんだろうかと妄想
しつつ。
 
番組ラストでは、今度3人でカラオケに
行こうという話になりましたが。
 
果たして実現するのか。
 
華丸さんはきちんと自分の連絡先を
2人に告げるのか。
 
後日談を楽しみにしています。

posted by チャレンジャー5 at 11:16| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: