2018年06月21日

「1週回って知らない話」秋元康さんモーニング娘のヒットの理由を分析

今回は、平成10年に流行ったものを
紹介する企画。
 
ざっくり言うと
 
▼長野オリンピック
▼ヤマンバギャル
▼モーニング娘
 
の3つ。
 
なので、モーニング娘について投稿。
 
グループアイドルの礎を築いた
モー娘の新しいカタチとは?
 
1.メンバーの卒業&加入
彼女達が始まるまでは、新メンバーの
追加や本人の状況と関係なく卒業に
なるなど存在しなかったように思います。
 
つんく「メンバーが増えることで、
    何かが壊れ始める。それを補正
    する作業が大きなエネルギーを
    生むのではないか」
 
2.グループ内の年齢差
中澤裕子さんが在籍時は一番年下の
子との差が14歳以上離れていた。
(辻・加護加入当時)
 
★グループ内の人間関係
同じグループでも無理に仲良くなる
必要はないと事務所からも言われていた。
なので、仕事仲間のような関係だったそう。
 
★保田部屋
ホテル泊まりの時?
保田さんの部屋に後輩を一人ずつ呼び
「最近どうよ」的な話を後輩から
聞いていた。
吉澤「保田さんの部屋を訪れると
   保田さんはバスローブ姿で
   片手にワイングラスを持って
   いたんだとか」
  
★プッチモニ
保田圭・後藤真希・吉澤ひとみの3人で
プッチモニというユニットを組んで
いたが。
 
当時、保田さんを二人が怒らせたことが
あったそう。
 
二人は、これは謝らないといけないと
保田さんの部屋を訪れたら、
逆に保田さんが怯えながら出てきた。
 
どうやら、後藤・吉澤に殴られるのでは
ないかと本人はビビっていたんだそう。
 
★現在、意外な仕事をしているメンバー
▼吉澤ひとみ
4年前から地元で野菜を売っている
 
埼玉県入間郡三芳町は彼女の地元で、
4年前から三芳町の広報大使を務めて
いる。
 
ちなみに三芳町のふるさと納税額
2015年度数百万円 → 2017年2億円超
 
▼石黒彩
週に一回、起業家と対談している
雑誌・WEBマガジンの仕事
 
▼矢口真里
東京大学で講演会を開いた。
テーマ 離婚の原因になった大炎上に
    ついて
 
★秋元康さんのモー娘のヒット分析
モーニング娘が出るまでは、アイドルと
いうとピンクレディやキャンディーズ。
大人数ではおニャン子クラブがいたが。
初めて国民的なレベルで売れたのが
モーニング娘だと秋元さんは言う。
 
▼つんく♂さんについて
「つんく♂はミュージシャンなので
音楽のクオリティが高い。メロディも
アレンジも、その時代で流行っている
音楽をどう取り入れるかが
プロデューサーの腕になると思います。
つんく♂は、アイドルだから王道、
アイドルだからこのパターンではなく。
今、音楽がこういうものが流行っていて
それをモー娘に取り入れるなら
どうしたら良いかを考えていると思う。
 
▼モーニング娘のパフォーマンスについて
「音楽性があるからこそ、そこに衣装が
あり、振り付けがあり、ステージングが
ある。そしてそれを、歌ってパフォー
マンスをする彼女達がつんく♂の求める
ものにきちんと答えているところが
素晴らしい。
 
▼つんく♂さんの発言
「踊りもMAXに負けるから、そういう
踊りはやめよう。だから、出来ないことを
外していった。そして、残っていったのが
モーニング娘のダンス」
 
★つんく♂さんの作詞・作曲は凄いの?
というMCからの質問に対して
矢口「凄いですね。時代背景を見て
   いらっしゃるので。当時日本は
   不景気に向かっていて。暗い時代
   だったんですよ。逆に歌だけは
   明るくしていこう、って」
   『日本の未来は世界も羨む』という
   歌を歌ったら、カラオケで歌われたり
   お酒を飲みながら忘年会で歌われたり
   して。経済効果が上がった。そういう
   ことにも影響を与えていたと考えると
   つんく♂さんはやっぱり凄い」
 
当時は、どこに行っても「ラブマシーン」
だったといっても過言ではないですね。
 
【モーニング娘OG】
飯田圭織 石黒彩 福田明日香
矢口真里 保田圭 辻希美 吉澤ひとみ
高橋愛 新垣里沙
【VTRゲスト】秋元康 中澤裕子
posted by チャレンジャー5 at 09:39| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: