2018年05月03日

「ナカイの窓 法廷編」実際にあったおもしろ裁判を紹介します

最近の「ナカイの窓」は、色々な
職業の現場に出向いてのロケ&トーク
なんですが。
 
今回は、裁判に関わる皆さんとロケ。
 
裁判に関わる職業というと、判事、
検事、弁護士。etc
 
というわけで、ゲストに各役職に
就いていた方々を招いてのトーク
&模擬裁判。
 
その中で、傍聴マニアの芸人
阿曽ちゃんのトークが面白かったので
投稿。
 
阿曽ちゃんは、主に面白裁判を
フリップにして紹介するネタを
している芸人さんです。
 
裁判の傍聴件数1万件以上というから
相当の裁判マニアです。
 
その中からレアケースを紹介して
くれました。
 
★罪名 公務執行妨害と障害
(十数年前の事件)
被告人 30歳男性
▼事件発生 AM5:49
新宿厚生年金会館において、
酔っ払って寝ている人間がいると
警察に通報が。
その通報を受けパトカーが到着。
いなや、ベロベロに酔っ払って
パトカーの窓を叩く男が。
これがその通報された男かと思いきや
通報した方の男だった。
現場にいた警官は、寝ている男より
こちらの方が緊急性が高いと判断し
確保。
この男の話は脈略がなく、挙句に
「おまわりをぶっ飛ばす」と言い、
本当に警官を殴った。
ということで逮捕。
▼裁判において
弁護人が被告人に事件のことを
いろいろ聞いた後最後に
「今後お酒は?」と聞くと
(阿曽ちゃんさん曰く、酔っ払って
事件を起こした人は、大抵裁判では
「二度とお酒は飲みません」と言う
そうです)
この被告人は、
「お酒をやめるというのは、事件を
お酒のせいにして逃げることになるので
量を減らします」と言ったそう。
弁護人が他に決めていることは?
被告「外では飲まず2杯までにします」
しかし、この法廷の中で納得して
いない人が一人いて。
判事「あなたは2杯までと言ってますが
   お酒の種類は?」
 
(多分、法廷にいたそれ以外の人々の
頭の中は???)
 
悩んだ挙句被告人は
「焼酎です!!」
と言いつつ、今後ずっと焼酎しか
飲めなくなると思ったのか
「あと、ビール」と追加。
まだ、納得いっていない判事は
「焼酎は水割り?」
被告人は水割りにしますと言い、
判事は「分かりました」と言ったそう。
 
これは実際にあった刑事裁判の話
だそうです。
 
【ゲストMC】トシ(タカ&トシ)
【ゲスト】足立梨花
【法定ゲスト】
傍聴マニア      阿曽ちゃん
法廷画家       榎本よしたか
弁護士        菊地幸夫
元裁判官&国際弁護士 清原博
元検事&弁護士    若狭勝

posted by チャレンジャー5 at 09:19| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: