2017年12月13日

「超限定能力(再)」こういう能力は別に欲しくないか

2年前にフジテレビヤングシナリオ
大賞に受賞し、フジテレビで放送された
作品の再放送。
 
今まで割と人生を適当に生きてきた
秋山舜太郎は大学に通う4年生。
 
就職は親のコネでなんとかなりそう
なので人生に焦りなど感じていない
様子。
 
そんな彼が、電車内での転倒により
不思議な能力を身につけてしまう。
 
それは、電車内限定で人の頭の上に
その人の降車先が見えてしまう能力。
 
その能力を楽しむ彼だったが、
ある日、頭上に文字が何も表示されない
サラリーマンを目撃してしまう。
 
気になってサラリーマンの後をつける
彼だったが、その男は飛び降り自殺を
してしまった。
 
人間の自殺する瞬間に遭遇してしまい、
動揺していた彼は就活中の友人と
口論になってしまう。
 
その後、その友人は就職活動が全滅し
自殺を図ることに。
 
ここで、とうとう秋山の人生が動き
始める。
 
【感想】
それにしても、人の電車での降りる
駅が分かる能力とは本当に超限定的能力
ですね。
 
しかもこの能力、電車内でしか
発動しないんです。
 
しかも、この能力を使って
女子高生を助けた後、能力は失われて
しまいます。
 
でも、そんなことは問題ではなく、
ふたりの自殺に遭遇。
 
いじめに悩む女子校生と交流することで
秋山君は自分の人生をしっかり生きようと
し始めます。
 
そういう意味で、このドラマは
やっぱり青春ムービーなんですな。
 
【脚本】青塚美穂
【出演】竜星涼 大賀 永野芽郁
ルー大柴 武藤敬司 紺野まひる
posted by チャレンジャー5 at 09:02| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: