2017年11月12日

「めちゃイケ」メンバーに終了を&「俺の持論」オリラジ的才能発掘論

★めちゃイケ
先週の放送で片岡総監督から来春で
番組が終了することを告げられた
岡村さん。
 
その事実を知らないメンバーの為、
ひとりひとりに向き合い終了の事実を
告げ続けました。
 
終了の事実を突きつけられたメンバーの
反応は人それぞれ。
 
番組終了の噂はかなり前から広まって
いたので、思っていたよりは
冷静に受け止める人が多かったですが。
 
メンバー全員、来春の終了まで
番組を盛り上げる約束をしつつ
今回の放送は終了。
 
★俺の持論
オリラジ中田の才能開発論
「コンプレックスに悩む人の為の
才能の見つけ方論」
  
▼まずはオリラジの経歴から
*NSCの養成所時代に「武勇伝」を
生み出し、卒業して即売れっ子へ。
冠番組をいくつも持ち、華々しく
活躍していたが、付け焼刃的な
実力では長持ちせず一時期一発屋的な
位置へ。
苦労せずして売れてしまったこともあり、
周囲からやっかみや批判の的になって
いた。
 
ちなみに「武勇伝」とは、中田さん曰く
歌い踊りながら舞台に出てきて、
中田さんがトンチンカンな武勇伝を喋り
藤森さんがそれを歌とともに賞賛する
というネタ。
 
このネタで大売れした彼らですが、
その人気は長持ちせず、冠番組は
全部終了し、テレビに見かけること
すらなくなった。
 
そこで思い悩んだ中田さん。
 
周囲のいろいろな方に意見を聞いたが
何の解決もせず。
 
そこから漫才を10年間頑張るも芽が出ず。
 
暗中模索の日々が続き。
 
ある時、YOUTUBEで自分達の動画で
再生回数の多い作品は何かチェック。
 
通常、芸人さんがYOUTUBEでエゴサーチを
した場合、彼らのネタがほぼ必ず上位に
来るんですが。
 
オリラジに限っては、漫才は検索の
上位に来ず、番組で悪ふざけをしていた
ものが上位を占めていたそう。
 
そして、その中でも歌ったり踊ったり
している時に再生回数が増えている
ことに気づいたようです。
 
歌って踊ってふざけていることの方が、
一生懸命頑張って稽古しているネタ
よりも見られている。
 
最初は、この事実にショックを受けた
中田さん。
 
でも、よくよく考えてみると
逆じゃないかと。
 
ふざけている方が向いているんじゃ
ないかと。
 
そして、この気づきを決定的にする
事件が起こり。
 
それは、ラッスンゴレライ事件。
 
あるイベントで後輩のリズムネタを
オリラジが完コピして披露したら、
本人達より大ウケしてしまった事件の
こと。
(YOUTUBEで再生回数が2000万回を
超える人気)
 
ここから中田さんは、変なプライドや
固定観念を捨て、現在の活躍に繋がって
いるわけです。
 
彼らの、「PerfectHuman」も
それが結実したものなんですね。
(YOUTUBE再生回数5000万回超え)
 
「芸人じゃねえじゃん」と言われながら、
芸人と言われたくて頑張って、
色々やって最終的に紅白歌合戦に
たどり着いたわけです。 
 
でも、この売れ方は本業のお笑いで
売れているわけではありません。
 
そんな時にまた、中田さんに事件が。
 
それは新潟県にある栗島という
小さな島にロケに行った時の話。
 
ご当地グルメや何か他に面白いものが
ないかとロケに行っているわけですが。
 
島民の方は、こんな小さな島になんか
あるわけないだろう」と自らを否定。
 
「何か見つけたいなら隣の大きな島に
行け」とまで言う始末。
 
結局昼間は何も見つからず。
 
夜居酒屋で反省会をしていると、
店主から「こんなものしかねえけど
食え」と大皿に乗ったイカ刺しを
出されたそう。
 
食べてみると美味しいので、
このイカどうしたんですか釣ったん
ですか?と聞くと。
 
店主は「釣ったんじゃなくて拾った
んだ」と言ったそう。
 
この島では雨が降って海が荒れた翌日に
タルイカが島に打ち上げられるんだ
そうです。
 
中田さんが「それで大量に取れたから
この大量のイカ刺し何ですか」と聞くと。
 
「1匹でこの量だ」と店主。
 
その時店主が見せてくれたタルイカの
大きさたるや、人と同じくらいの
大きさだったそう。
 
何でこのイカのことを宣伝しないのかと
聞くと、「当たり前のようにあるから」
だそうです。
(島のウリになるのに、気づかなければ
宝の持ち腐れ)
 
ここで中田さんは気づいたそう。
 
そして、この島と自分も同じだと。
「俺たちはふざけることしかできないん
ですよ。漫才が下手です。コントも
下手です。ふざけることしかできないん
です」オリラジ
「ラーメンもスイーツもないんですよ。
グルメ探してるのそれでしょ?テレビに
撮りたいのそれでしょ?うちはデッカイ
イカしかないんですよ」栗島
 
「人は自分の良さに自分では気づけない」
そして人の場合は、それがコンプレックス
だったりすることが多いと。
 
その良さって、みんなが持っていないから
人と違う。私、なんかみんなと違う。
だからダメなんだって思っちゃう。
 
「才能はコンプレックスの裏側にある」 
 
ここで更に中田さんのお言葉
「優れるな、異なれ」
 
受け入れるも受け入れないも
あなた次第です。
 
【講師】オリラジ中田
【生徒】澤部佑 岡本夏美 鈴木あきえ
posted by チャレンジャー5 at 09:46| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: