2017年07月29日

「ロンドンハーツ」週刊文集の記者に騙されるな!!

「週刊文春」ならぬ週刊文集記者が
売れっ子芸人さんを直撃。
(記者は仕掛け人です)
 
記者のカマかけに騙されるな!!
 
というわけで、そのドッキリを
かけられる芸人さんはというと。
 
出川哲朗
千鳥 ノブ
トレンディエンジェル斎藤
カンニング竹山
 
の4名。
 
それぞれ、ドッキリに対する
リアクションに個性が出ています。
 
*出川哲朗
ひたすら記者に媚びまくる。低姿勢。
長年の芸能生活で鍛えられた?処世術で
しょうか。
記者のカマかけにも、「リアルガチで
何もない」と言い張る出川さん。
「じゃ、ないってことで掲載で良い
ですね」と記者。
出川「ダメダメダメダメ」
記者「でも(何も)ないんですもんね」
出川「ネタだけ教えてください」
 
*千鳥ノブ
ひたすら記者の行動をツッコミまくる。
ノブさんは根っから芸人さんですね。
記者「思い当たる事どうですか?」
ノブ「思い当たらんよ」
記者「東京LIFEエンジョイされてない?」
ノブ「(握っているネタを)言ってくれ!」
記者「我々、文集と思っていることは
同じ?」
ノブ「一緒というか・・・・」
記者「何か浮かんでいるんじゃない
ですか」
ノブ「その詰め方は良くない!!」
記者「家族一筋・・・そんなんじゃ
ないですよね?ノブさん、いろいろ
やってますもんね?」
ノブ「催眠術か!?」
記者「僕らはこのまま記事に・・・・」
ノブ「記事書く流れ・・ 待て待て!
ずっと尾行してくれっていうくらい何にも
ない」
記者「じゃ、尾行しましょうね」
ノブ「それはすな!!」
 
*トレンディエンジェル斎藤
記者の直撃に動揺しまくる斉藤さん。
まだ何も記者から言われていないのに
思い当たるフシがあり過ぎ?
記者「何か思い当たるフシないですか?」
斎藤「え〜!何?」
記者「最近地方へ行きました?」
斎藤「・・・」
記者「地方で遊びました?」
なぜか、うなだれる斎藤
斎藤「待ってください。
名古屋かな・・・?」
記者「名古屋の人ですか?」
斎藤「社長とかに、誘われて・・・・
その時にあった人かなぁ・・・・」
記者「それ彼女に聞いたら」
斎藤「載るもんな絶対、文春って・・・
知ってるんだよ、もう〜」
 
*カンニング竹山
記者の直撃にも冷静に大人の対応。
こういう状況には慣れていらっしゃる
ようです。
テレビ的に何も面白いところは
なかったので、はやばやドッキリ終了!?
 
このドッキリは、
それぞれの個性?が出ていて面白かった
ですね。
 
【MC】ロンドンブーツ1号2号
【ゲスト】有吉弘行 アキラ100% 
ANZEN漫才 オカリナ 尾形貴弘
カズレーザー カミナリ カンニング竹山
紅蘭 斎藤司 千鳥 出川哲朗 
藤田ニコル 山崎弘也
posted by チャレンジャー5 at 09:00| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: