2017年02月17日

「じっくり聞いタロウ」不動産賃貸借契約に関わるトラブル解決方法

【MC】名倉潤 河本準一 牧野結美
【ゲスト】金谷ヒデユキ つまみ枝豆 
     田島隆
 
今回は、行政書士で海事代理士の
田島隆さんのトークを投稿。
 
田島さんは法律家でありながら
漫画「カバチタレ」の原作者でも
あります。
 
そんな田島さんならではの
法律知識を伝授してくれました。
 
それは、アパートマンションの
契約トラブルに対しての対処方法。
 
★大家さんが突然家賃を5万から
7万円に値上げすると通告してきた
場合。更に支払えないなら出て行けと
言われてしまった場合。
A:まず大家さんが勝手に家賃を
上げることはできない。借り手が
納得していないのに一方的に上げるのは
契約違反。唯一値上げが許されるのは
当該不動産の周囲の不動産家賃が
全般的に異常に上がってきている場合。
こういった、正当な家賃値上げ以外に
対抗するには、供託という方法が
あります。
法務局に行って、今まで通りの家賃を
収めてくる。すると、法務局から大家に
家賃の支払いがあった通知がいき、
家賃を払ったことになるので
大家は「家賃を払っていないから出て行け」
とは言えなくなる。
 
★最初の契約段階で、大家の都合により
突然家賃を上げることがあります」
のような条項の契約書にサインしている
場合。
A:法律には公序良俗という考え方があって。
社会常識で考えてあまりにそれは
大家さんの都合が良過ぎる場合。
消費者契約法という法律があり、
大家さんにとってあまりに都合が良すぎる
契約条項は無効、という法律もある。
 
これ以外に、敷金についての
トラブル解決方法も話されてましたが
それは割愛します。
 
興味のある方は、テレビ東京のHPで
この番組の動画が無料で見れるので
そちらの方をご覧になって下さい。
 
素人の生兵法は大怪我の元ですが、
それでも法律は知らないより
知っている方がはるかに得をする
場合が多々あります。
 
posted by チャレンジャー5 at 08:43| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: