2016年12月22日

「聞いていた話と違います!」地下アイドル業界の闇?

イメージと現実のギャップを
経験者の話を通して視聴者に知って
もらおうをする番組。
【進行】三田友梨佳(フジテレビ)
【出演】井森美幸 博多大吉
澤部佑(ハライチ)小島瑠璃子
 
今回は、アイドル業界とラーメン店開業の
真実?
 
【トークゲスト】森カノン 西村彩有里
宮野ねり かなまる 山下若菜 野中比喩
 
今回はアイドル業界の話について投稿。
 
もっとも、アイドル業界の話といっても、
どちらかというと地下アイドルの話。
 
まだブランドとしても確立しておらず、
スタッフとメンバーが共に
成功していこうとしている団体の話
ですね。
 
私もアイドルは嫌いじゃないので、
業界の話に興味もあったし、多少の
ダーティーな部分は覚悟して聞きましたが。
 
アイドル経験者の話を聞いているうちに
気分がどんどんブルーになってしまいました。
 
1.プロデューサーのやらせるやらせる
  詐欺
2.給与体験と極貧生活
3.グループ内での対立やいじめ
4.枕営業の実態
  
2番3番目に関しては、
昔からよく聞く話だし珍しい話では
ないですね。
 
売れてるグループ売れていないグループ
関係ないと思います。
 
アイドルは、売れていても最初のうちは
異常に給与は安いようですね。
 
対立やいじめは、人がたくさん集まれば
どんなところでも起こり得る話なので。
 
でも、1番目4番目に関しては
大きなグループではあまり起こらない
でしょう。
 
枕営業の話は、噂の域を出ない話なので
何とも言いようがないですが。

ただ、今回のゲストの中には
実際に誘われた人はいるようです。
 
インチキ?プロデューサーの話は
結構あるんでしょうね。
 
アイドルメーンバーを募り、
オイシイ話ばかりしてメンバーに
夢を持たせ、結局話ばかりで
何も実現しない。
 
これは、アイドル業界ばかりでなく、
芸能界自体によくある話ですね。
 
あまり名前を聞いたことがないような
事務所が、頻繁にタレント候補を募り、
登録とレッスンの名のもとに
お金を引き出し、結局は雑誌にも
テレビにも出れない。
 
結局、タレントらしいことは何もできず
その事務所を辞めていく。
 
どうしてもそういう業種で
生きて行きたいのなら。
 
そういうことを引っ括めた上で、
覚悟して臨む必要があるんでしょうね。
 
どんなことにも、光と影は存在するので。
 
posted by チャレンジャー5 at 09:58| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: