2016年06月07日

「しくじり先生」野村宏伸さん自分のしくじりと俳優業界の裏側も語る

【担任】若林正恭(オードリー)
【生徒】
吉村崇(平成ノブシコブシ) あき竹城
足立梨花 小野武彦 佐野岳 
澤部佑(ハライチ) 福原遥
【講師】野村宏伸 かつみ・さゆり
 
今回の番組は俳優の野村宏伸さんと
お笑い芸人のかつみ・さゆりさんでした。
 
私は、野村さんに絞って投稿します。
 
野村さんの成功としくじりに関しては
他の方にお任せするとして、役者業界に
付いて書こうかと。
 
@こんなオーディション挑戦者は嫌だ
*子役が演技試験で「板付きで良い
ですか?」と聞いてきた。
*ドラマに一度も出演したことがないのに
「カメラはどこから狙っているテイですか」
と聞いてくる。
*まだ売れていないのに、フジテレビの
ことを「CX」と呼ぶ。
 
一般人が聞いても面白くはないかも
知れませんが、関係者が聴いたら爆笑
なんでしょう。生徒の小野さんも
大爆笑してました。
 
@主演ドラマがこけた時の対処法
(野村宏伸編)
主演ドラマがコケる 
    ↓
2番手3番手に役を下げて
存在感をアピールする
     ↓ 
もう一度主演の機会を狙う
上記以外にバラエティ番組の露出し続け
チャンスを狙うという方法もあるそう
です。
(大御所レベルの方がバラエティに出て
いるのはこういう理由があったんですね。
また、ドラマや映画には出れなくても
CMを狙うという方法もあるそうです)
 
@役者業界の配役の争奪戦
通常一般人からするとドラマの主演
クラスの競争率が高いと思われがちだが
実は脇役こそが競争率が高く、
なおかつ実力が問われる。
 
野村先生の話は、教訓も良かったですが
業界の裏側の話も面白かったです。
 
posted by チャレンジャー5 at 08:13| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: