2016年01月28日

「ヒガンバナ」というか刑事ドラマものについて

最近の人気刑事ドラマって、「相棒」
以外は、ちょとした傾向があるように
感じます。

それは、刑事さん達の天才的捜査能力に
ある種のリアリティを持たせるために、
刑事に特殊な設定をしているドラマが
増えてきています。

@まずは特殊能力系
BORDER 小栗旬さんが主役で霊の助けを
    借りて事件を捜査
SPEC  戸田恵梨香さんが主演
    天才的頭脳と霊を呼び寄せる
    能力で事件を捜査
ヒガンバナ 堀北真希さん主演
     特殊聴覚とサイコメトリーに近い
    能力で事件を捜査
SP   岡田准一さん主演で幼少期の
    恐怖体験により「シンクロ」と
    いう特殊能力に目覚める

@天才的頭脳そのものに説得力
ATARU 中居正広さんが主演
   サヴァン症候群のATARUがFBI持込の
   知識と訓練で事件を捜査  
      
上記のドラマは、人物のキャラ設定そのは
リアリティに欠けるかもしれませんが。

事件で大活躍することを主眼において
考えるとこういう能力があったら
あり得るかも知れない、となります。

そう言った意味で、「相棒」の存在は逆に
特殊な感じがします。
いわゆる正統派な人物設定だから。
posted by チャレンジャー5 at 09:48| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: