2021年11月14日

「ゴッドタン」悩めるグラドルさん達が鬼越トマホークに相談

今回の企画は、鬼越リベンジャーズ。
 
悩める女性タレントの皆さんが、鬼越の
お二人に悩みを相談。
 
鬼越トマホークの正義はグラドルさんを
救えるのか?
 
ちなみにその相談者は4名。
 
新海まき 海里 朝陽りさ 森のんの
 
その相談内容を少しだけアップ。
 
▼新海まきさんの悩み
「テレビプロデューサーだという人に、
いろんな番組に紹介してやるから2人で
飲みに行こうとしつこく誘われます。
本当は強く断りたいが、仕事のへの
影響を考えると強くは言えず。
『すみません。その日はどうしても』と
気を遣って対応している自分が悔しい
です。」
 
鬼越トマホーク
「全て断って大丈夫です。テレビは5年
以内に終わるんで」
 
スタジオ爆笑
 
「何で鬼越トマホークの仕事が増えて
いるか分かりますか、テレビの?
もうすぐ終わるからでです」
矢作
「どうせ終わるから無茶苦茶やっちゃえ
って」 
鬼越
「テレビ東京からAmazonに買い取られ
ます。」
劇団ひとり
「残り5年って言ったって、その5年の
中でテレビに出ておきたいもんね?」
新海
「聞いた話では、断ったら『売れなく
するよ』って言われたというのを聞いて」
鬼越
「本当に媚びるべきはプロデューサー
じゃないんです。広告代理店です!」
 
スタジオ爆笑
 
鬼越
「今、プロデューサーでキャスティング
権を持っている人なんて一人もいない
です」
矢作
「広告代理店の人に口説かれた場合は
行った方が良いんですか?」
鬼越
「広告代理店の人に口説かれた場合は
覚悟を決めて行った方が良い」
 
スタジオ爆笑
 
鬼越
「プロデューサーに媚びてもらえる
レベルの仕事なんて、キングオブコント
決勝の閲覧の客とかね。
審査員の後ろに座っているお客さんて
全員可愛い。
あれはもう、プロデューサーが「出して
やるから」って言って…」
劇団
「違う違う」
矢作
「角の立たない断り方なんてない?
言い断り方とかないんですか?」
鬼越
「誘われたらこれを言って下さい。
っていうのがあります。
『うるせ〜な〜。お前とのやり取り全部
”じっくり聞いタロウ”のアンケートに
書いてやるからな』」
 
スタジオ爆笑
 
小木
「ちょうどいいよね」
鬼越
「”ゴッドタン”と”じっくり聞い
タロウ”を上手く利用すると、業界への
牽制になりますからね。
あれ、実はゲスな番組に見えるじゃない
ですか?あれ、業界内コンプライアンス
機構ですからね(実は)」
新海
「それで潰されたりしないですか?」
鬼越
「今はもうそういう時代じゃないんで。
もう実力社会なんで」
劇団
「それで干されたらもう1回暴露って
ことだよね」
 
 
冗談はさておき。
 
私は業界人じゃないのでその辺の事は
よく分かりませんが。
 
今はコンプライアンスの時代だし。
 
「枕」をしたところで取れる仕事は
大した事ないでしょう。
 
それに、そういう事をすると、何故か
不思議とその事が噂になっていたりも
するし。
 
マイナスの方が大きすぎますね。
posted by チャレンジャー5 at 09:52| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする