2021年04月16日

「アメトーーク」漫画大好き芸人with広瀬アリス

今回のトークテーマは漫画大好き芸人。
 
芸人さんに混じり、何と女優の
広瀬アリスさんも加わり、自分の好きな
漫画を熱くプレゼン。
 
さて、視聴者に面白い漫画を紹介して
下さる芸人の皆さんは。
 
ケンドーコバヤシ バカリズム
麒麟・川島 かまいたち
ジャングルポケット太田
 
以上の6名。
 
芸人さんが、各々好きな漫画を挙げて
行く流れですが、広瀬アリスさんも
漫画が大好きらしく。
 
しかも、エログロ漫画が好きなんだ
そうです。
 
超意外!
 
しかも、広瀬さん自身も好きな漫画の
名前を挙げていたので、しかも
その漫画がかなりのグロさで。
 
彼女が本当に、その手の漫画が好き
という事が発覚。
 
女優がそんなこと言っていて大丈夫?
とか心配してしまいましたが。
 
そんな、あっけらかんとした
アリスさんはベリーグッドです。
 
という訳で、今回は漫画の話ではなく
広瀬アリスさんの話になってしまい
ました。
 
 
【MC】蛍原徹
【トークゲスト】
ケンドーコバヤシ バカリズム
麒麟・川島 かまいたち
ジャングルポケット太田
【ゲスト】広瀬アリス

posted by チャレンジャー5 at 09:18| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

「水曜日のダウンタウン」アメとムチ ムチは結果を出させるためには有効か?(加筆修正)

今回は検証VTRが3本。
 
▼「アメとムチならムチの方が力出る説」
  第2弾
▼昭和、今考えるとめちゃくちゃ説
▼まさかの新脱出企画
 
なので、最初の「アメとムチならムチの方が
力出る説」について投稿。
 
私は学生時代4年間モチベーションを学ぶ
ゼミに所属していたので、この手の話は
興味の的で。
 
「水ダウ」はバラエティ番組だから実験と
いっても正当なもんではありませんが、
それでも気になります。(笑)
 
前回の鉄棒ぶら下がり実験では。
(時間の長さを競うもの)
  
★アメ 通常タイムの1秒を超えるごとに
     5千円
★ムチ 鉄棒からぶら下がり、手を離したら
     即バンジーに突入
 
アメ(報酬)の方は5人中3人が自己記録を
伸ばし、ムチ(罰)の方は全員に効果なし。
 
罰の力が大きすぎて、全員が萎縮し
自己記録を伸ばすどころか縮める結果と
なったようです。
 
この結果を受け、ムチのチカラで記録を
延ばすことができる人はいるかを検証。
 
今回も被験者には高所で鉄棒にぶら
下がり、通常記録を超えれば普通に終了。
 
越えられなければ即バンジー。
 
被験者5人中3人がバンジーNGで
2人は苦手という方々。
 
にも関わらず、この実験に臨む、勇気ある
方々は
 
さらば青春の光・森田
ジミー大西
バイきんぐ西村
安田大サーカス団長
カエデフェニックス(豆柴の大群)
 
以上の5名。
 
結果を言ってしまうと、通常記録を超えられた
人は1名。
 
カエデフェニックスさんのみでした。
 
バンジーが嫌いな皆さんなので
落下しないように頑張るかというと。
 
やはり恐怖が勝ち、皆萎縮して力を出せない
という逆の結果となってしまいました。
 
 
【感想】
これは、少人数での実験なのできちんと
人数を増やしてやったらどうなるかは断言は
できませんが。
 
でも、結局は同じような結果になると思います。
 
30年前の記憶を辿ると、結果を出すには、
目標設定と報酬の方が効果があるという説の
方が有力だったような。
 
現在の学会では、どのような常識になって
いるのかは知りませんが。
 
実際、この話を会社に置き換えて考えてみると、
結果を出させる為に報酬を増やすといっても、
そこに限りはあり。 
 
仕事(作業)そのものに面白みを見出すか、
実績にプライドを見出すかとかにしか、
モチベーションを高める方法はないような。

私自身の過去を振り返ってみても、報酬の
方が能率が上がったり、結果が出たり
したと思います。(ポイントとか好きですし)
 
恐怖によるコントロールは、長期的にも
短期的にも危険だと考えます。
posted by チャレンジャー5 at 09:47| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

「しくじり先生 お笑い研究部」ラフレクラン改名!!西村さん涙

吉本興業のマネージャーからのオファーに
より、芸人コンビ・ラフレクランのブレイクの
キッカケをお笑い研究部が考える内容。
 
ラフレクランといえば、私的には吉本坂46の
メンバーというくらいの知識しかなく。
 
でも、マネージャーさん曰く、彼らの経歴は
凄いらしく、何故これがテレビでハネない
のか分からないと。
 
▼ラフレクランの経歴
・西村真二
・キョン
の2名
★デビューして3年でヨシモト∞ホールの
 トップに
★2016じわじわチャップリン第1回チャン
 ピョン大会優勝
★2016NHK新人お笑い大賞準優勝
★2019NHK新人お笑い大賞優勝
★2019にちようチャップリンお笑い統一
 王座グランプリ優勝
★ABCお笑いグランプリ3年連続決勝進出
 
ラフレクラン二人の中では、キョンさんが
売れ出してから、西村さんがそれに付いて
行くプランがあったようですが。
 
マネージャーさんの考えから、もっと
西村さんのキャラを前面に出して売り出して
いこうかとの提案があり。
 
その西村さんの経歴とは
・水泳ジュニアオリンピック選手
・高校時代は野球部のエース
・ミスター慶應
 彼女はミス慶應
・広島ホームテレビアナウンサー
・カトパンと同期
 
いわゆる、マウントの上位にいる方。
 
どう考えても、これからお笑いをやります、
という感じが全くしません。
 
ですが
 
やはり、笑いの神は彼を見捨てては
いなかったようで。
 
西村さんは性格が若干、世間とズレている
ようにも思われ。
 
漫画の主人公のような人生を歩んできた
から。
 
何でも自分が思っていることを正直に
言い過ぎるきらいがあり。
 
彼の辞書に謙遜という文字はなく。(笑)
 
彼の場合は、そこが逆に面白かったりも
します。 
 
何故、こんなに面白いキャラが、今まで
陽の目を見なかったんでしょうか。
 
でも、これから彼のバラエティ番組で見る
確率が高くなりそうです。
 
 
最後に、マネージャーさんから出た話が
彼らの芸名が人から覚えてもらいにくいと
いうことで。
 
どうせなら、ここでしくじり先生のメンバーから
名前の案を出してもらい、いいものがあれば、
改名するという流れになり。
 
AKBの横山由依さんが提案した「コットン」に
改名決定!!
 
この一連の流れで最後に西村さんが泣き出し。
 
「(みんな)あったけぇなぁ」の一言。
 
既に、吉本のHPのプロフィールも変わってます。
 
コットンのこれからの活躍を期待します。
 
 
【担任】若林正恭
【レギュラー生徒】吉村崇 澤部佑
【生徒】アルコ&ピース 横山由依
【講師】コットン
posted by チャレンジャー5 at 09:53| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする