2021年03月03日

「あちこちオードリー」さよなら佐久間宣行プロデューサー

今回のトークゲストは先週に引き続き。
 
雨上がり決死隊・蛍原徹さんと
さらば青春の光のおふたり。
 
雨上がり決死隊・蛍原
さらば青春の光 森田 東ブクロ
 
蛍原さんへの宮迫さんイジりはソフト
だったので、さらば青春の光のトークを
少しだけ投稿。
 
▼さらば青春の光が抱える闇
どんなに人気になっても絶対的な安定は
ないという話の流れで。 
さらば・森田
「うちは(安定は)まだまだですよ。
彼(東ブクロ)が何かしでかす可能性が
・・・・・」
若林
「さすがに大丈夫でしょう?」
森田
「いやいやそんな訳ないです。
女の人達が(相方を)セクシーと
感じているんですよ。
過去のスキャンダルも込みで。
今コイツ(相方)のインスタのDMが
エラいことになっているんですよ。
世のシモ緩め女子から大量に・・・・」
若林
「今の時代ダメだろう!」
春日
「やめてくれよ!」
蛍原
「下品だなあいつ!」
森田
「大丈夫でしょう!」
若林
「女性はやっぱり好き?」
東ブクロ
「それはそうでしょう。そこは変わらず」
春日
「でも、センサー的なものは鋭くなって
いるの?」
東ブクロ
「未成年とかは怖いから、免許証
(コピー)を送ってもらったりとかも
しますし。」
若林
「確認してOKだったらってこと?」
東ブクロ
「あとは、ゴスロリみたいな恰好を
している子も怖いな、とか。
センサーはだんだん敏感にはなって
きています」
若林
「森田君はどっちなの?女性とか
ギャンブルとか」
森田
「僕は合コンとか流行っていきたい。
ずーっと。ニューヨークの屋敷と
BKBの3人でずっと。」
若林
「屋敷君と森田君は最後のガラパゴス
芸人みたいな。最後のガラ携みたいな」
春日
「屋敷君はそう言えば『芸能人が
抱きたい』って言ってたよね」
森田
「そうでしょう?僕もそうです。
芸能人を抱く為に、この世界に入って
ますから。
俺だけじゃなく、みんなそうですよ。
最初の衝動ってそうじゃないですか。
僕、加藤あいと付き合う為にこの世界に
入ったんです。本当に」
若林
「だからいろんな活躍したりとか?
一生懸命、ネタもテレビも頑張って
いる?」
森田
「そうです。
一応ネタとか頑張っているじゃない
ですか。
コントも決勝へ何度も行かしてもらって。
もっと才能を褒めて欲しい!ですよ」
春日
「それ何なんだろう。何で評価され
ないんだろう?」
森田
「才能が霞むほど下品なんで」
 
スタジオ爆笑
 
 
さすが森田さん。脱帽です。
 
 
さて、タイトルの話ですが。
 
この度、番組の敏腕プロデューサー
である佐久間宣行さんがテレビ東京を
退社するようで。
 
でも、「ゴッドタン」も「あちこち」も
引き続き佐久間さんが担当するという
事で一安心。
 
フリーのディレクターになるんですね。
 
マッコイ斎藤さんのように、あちこちの
番組やYoutubeで顔を見る日が楽しみです。
posted by チャレンジャー5 at 09:28| Comment(1) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする