2020年10月02日

「アメトーーク」中学の時イケてないグループに属していた芸人傑作選

今回の企画は
”中学の時イケてないグループに属して
いた芸人”の傑作選。
 
このくくりトークはギャラクシー賞を
受賞したこともあり。
 
スタッフ的にも思い入れのあるククリ
なのでは?
 
私的にも、この番組にハマるきっかけに
なったトークで。
 
”家電芸人”で「アメトーーク」に
注目し。
 
”中学の時イケてない芸人”でどハマリ
した記憶があります。
 
彼らのトークに笑わされもしたし、
結構あるあるネタで自分の過去を
思い出して懐かしんだり。
 
”イケてない芸人”の出演者の
レギュラー的存在は?
 
       ニックネーム
サバンナ高橋(リックビチャ男)
博多大吉(捕虜 焼却炉の魔術師) 
麒麟川島(マスカット)
オリラジ中田(滝廉太郎)
ロバート山本(与謝蕪村)
ロバート秋山(ショルダー)
ロバート馬場(インディカ米)
笑い飯・西田(こふきいも)
オードリー春日(梅宮辰夫)
ノンスタイル石田(三色リコーダー)
 
あだ名だけを見ても、皆さんの中学の
時の苦労がしのばれます。(笑)
 
だからこそ、彼らの中学時代の苦労話が
多くの人の共感を呼び、
ギャラクシー賞の月間賞を獲る運びに。
 
普通なら暗くなりがちな話題でしたが、
そこは凄い芸人さん達なので、笑いに
昇華しちゃうんです。
 
そろそろ、新メンバーを加えて新しい
”イケてない芸人”を見たいですね。
 
posted by チャレンジャー5 at 10:23| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする