2020年06月30日

「しくじり先生」高速ベロのイジリー岡田さんは下ネタが嫌いだった

今回の授業をしてくださる先生は
ものまねタレントのイジリー岡田さん。 
 
ちなみにイジリーさんのイジリーとは、
下ネタちっくなネーミングではなく、
客イジリが上手いという意味だそう。
 
イジリーさんと言ったら、私と
同じくらいの世代にはモノマネができる
下ネタ芸人のイメージ。
 
だって「ギルガメッシュナイト」で
ブレイクしたでしょう。
 
現在、様々なバラエティ番組で、芸人が
女性タレントの寝起きドッキリをする
時。
 
男性芸人がそのタレントさんの部屋で
するルーティンは。
 
(歯ブラシを勝手に使ったり、
飲み残しを勝手に飲んだりとか)
 
イジリーさんが走りだと思います。
 
そして、彼のキャラを決定づけたのが、
今回も放送中何度も登場した高速ベロ。
 
彼の場合、女性タレントの歯ブラシを
勝手に使う時、ただ勝手に使うだけで
なく。
 
高速ベロで歯ブラシに近づき、それを
パクッといくわけで。
 
伝統芸というか、キモさと笑いが
ミックスされた芸です。(笑)
 
そんなイジリーさんのしくじりとは。
 
誰もがイジリーさんはそういう芸を
気にしないでやっていると思っていたと
思うんですが。
 
実は、彼は下ネタが嫌いで、嫌々やって
いたそうです。
 
彼は、萩本欽一さんのようになりたくて
芸人さんになったそうなので。
(萩本さんは下ネタはやりません)
 
下ネタ芸人としてブレイクしたことは
本意ではなかったとのこと。
 
「ギルガメ」の放送が終わり次第、
下ネタ関係のオファーは完全NGに
したそうです。
 
それから仕事は激減し、極貧生活へ。
 
それから数年経ち、2006年に
「アメトーーク」から高速ベロを
やって欲しいとオファーが来て。
 
これ1回のみと決意し出演へ。
 
そこでやった企画は、イジリーさんの
お家芸のアイドル楽屋探訪。
 
イジリーさんが、勝手にアイドルの
楽屋に侵入し。(勿論そういう設定
です)
 
食べかけのお弁当のお箸を舐め。 
 
歯ブラシを口に入れたりとか。
 
ここでイジリーさんは新たなことを
経験したらしく。
 
「ギルガメ」はロケが多く、リアルな
出演者の反応を知ることは出来ません
でしたが。
 
「アメトーーク」はスタジオと楽屋の
中継で、他の芸人さん達とやり取りを
しながら楽屋を探訪?
 
すると、スタジオでは芸人さん達が
大爆笑してくれ。
 
ここで、イジリーさんは自分の芸で
爆笑する芸人を初めて直接感じることが
出来たそうです。
 
イジリーさんにとっては、この上ない
喜びだったようです。
 
でも、自分が何を求められているか
気づいていなかったイジリーさんの
下ネタNGの方針は変わらず。
 
ジリ貧生活を続けるかも知れない時に、
イジリーさんに恩人が現れたようで。
 
それは出川哲朗さんだそうです。
 
「アメトーーク」のOA後、数日して
偶然出川さんと遭遇し、その時
出川さんが言葉をかけけてくれたようで。
 
「男が『ウォー』と盛り上がり、女性が
『キャー』と引くのを同時に起こせる
芸は他にはない。だから続けた方が良い」
というようなことを言ったらしく。
 
この言葉に感動したイジリーさんは
「この間はありがとうございました」と
出川さんに伝えたところ。
 
彼はこの事を全く覚えていなかった
ようです。
 
この一件以来、イジリーさんの自分の
芸を見直すことができ、高速ベロ解禁に
したそうです。
 
それに、自分がやりたいことと、
周囲から求められることが統一された
出来事だったのかも。
 
 
それにしても、イジリー岡田さんほど
芸風と地が違う人は珍しいかも。
 
この人、かなり根は真面目な人でしょう。
 
以前、陣内智則さんとイジリーさんの
二人だけで旅をする企画があったん
ですが。
 
かなり、真面目に深い話をされていた
ような記憶があります。
 
その時、今回授業をされたようなことは
既に話をしており。
 
イジリーさんって、かなり真面目な
人なんだなあという感想を持ってました。
 
まあ、よくよく考えてみれば、本当に
ヤバい奴にアイドル番組のMCは
やらせないわなあ。
posted by チャレンジャー5 at 10:57| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする