2020年03月04日

「ロンドンハーツ」M-1終わって3ヶ月 ファイナリスト中間報告

今回の企画は2019M-1ファイナリストが
集結して、M-1出演の後のビフォー
アフター報告話。
 
なので今回の出演者は(M‐1での順位)
01位 ミルクボーイ
02位 かまいたち
03位 ペコパ
08位 すえひろがり
10位 ニューヨーク
 
以上の5組。
 
まずはM-1ファイナリストになった
彼らの仕事量の変化でM-1の影響力を
調査。
 
▼M-1決勝前後1ヶ月の仕事量を比較
(テレビ&ラジオの出演本数)
        決勝前   決勝後
★かまいたち  46本     53本
★ぺこぱ    0本      26本
★すえひろがり 0本      7本
★ニューヨーク 4本      21本
★ミルクボーイ 8本      69本
 
いかに、M‐1ファイナル出場の影響力が
凄いかよく分かる数字です。
 
かまいたちさんは既に売れっ子なので
例外ですが。
 
ミルクボーイさんやぺこぱさんは
現在各局色々なバラエティ番組を
回転寿司のように回っていて。
 
その間に、どこかの番組の
プロデューサーやディレクターに
気に入ってもらえると。
 
今ある番組か新しい番組のレギュラーが
与えられるわけで。
 
誰の目にも止まらないと、
バラエティ番組を一回りしただけの
1発屋になる可能性も。
 
さてさて、今回のこのメンツの中で
生き残れるのは誰なんでしょうか。
 
できるだけ多くが生き残って欲しい
ですが。(勿論テレビの世界での話)
posted by チャレンジャー5 at 09:44| Comment(0) | バラエティ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする